住宅の維持管理サービス



     
 
 
 
トップページへ!
 
住宅安心ネットとは?
サービス内容のご案内
住宅安心ネットワークの概要
NPO法人のご案内
お問い合わせは、こちら
 
 
住宅の適切なメンテナンス 循環型社会対応への取り組み
住宅の資産価値 地域の“家まもり”
 

住宅安心ネットは、会員制の・・・“家まもり”

 

長寿社会の日本。 しかし、住宅はどうでしょ?
・・・わずか30年前後での建て替えが一般的。

「・・・なぜ?」
「なぜ日本の住宅は耐用年数が少ないの?・・・」

いいえ、そうではありません。
車と同じように定期的に点検し、それにともなったメンテナンス(保守・管理)を行えば、日本の住宅も寿命が延びるのです。

しかし、この点検とメンテナンスを 「していない」ことが住宅の短命に繋がっています。

この住宅の 「点検」・「メンテナンス」 のお手伝いをするのが、

 
 

「Smile 住宅安心ネット」は、
会員のお住まいを専門家(住宅安心ネット認定検査員)が定期的に(年に一度)お伺いし、住宅の状態を細部にわたり点検し、メンテナンスのアドバイスをおこないます。

また、お住まいの 「急なトラブル」や「お困りごと相談」など、あなたのお住まい専任サポーターがサポートします。

 
※ Smile 住宅安心ネット」は、会員のお住まいを有償にて定期点検を行う維持管理サービスです。
 

 

住宅の適切なメンテナンスは新築時の性能、機能などを維持するために不可欠なものです。
しかし、これまでの日本の社会的な傾向としてメンテナンスに対するユーザー側(住まい手)の意識は薄く、また住宅事業者側も新築時のアフターサービスとして「定期点検」をセールスポイントにしているものの、この点検の結果による“修繕費用”は住宅事業者側の負担になることが多いため、決して積極的に取組んでいるとは言えませんでした。
たとえ、取組んでいいても、その内容はユーザー側の観点ではなく、住宅事業者側の観点によるものが現状です。

「Smile 住宅安心ネット」は、ユーザーに代わり“第三者的”観点で、住宅の定期点検を行い適切なメンテナンスのアドバイスを行います。

 

 
日本の滅失住宅の平均築後年数は約30年と言われてきました。
アメリカの約55年、イギリスの約77年と比較して著しく短いものです。これは、ある意味誰もが一生懸命になり取得した住宅の価値が30年後にはゼロになっていることを意味しています。
しかし、本当に価値はゼロでしょうか?
どんなものでも長い間使用していれば問題が生じてきます。
その問題を少なくするには、それなりの維持管理が必要ですが、日本の社会では住まい手のみならず、住宅事業者も新築主義に依存し、住宅の維持管理という面で本格的には取り組んでいませんでした。
本来適切に維持管理された住宅は資産価値が長期にわたって維持されるとともに、市場においてもそれに見合った評価を受けられるはずです。
 
 

 

■ 少子化、高齢化、人口減少化などによる世帯構成の変化による住宅ニーズの変化。
■ 量的にも充足した住宅のストック量。
■ 新築偏重主義のスクラップ&ビルドがもたらす環境問題。

様々な社会背景の変化に伴い、これからの住宅事情も“あるものを大切に使う”といった循環型に大きく変わろうとしています。

「Smile 住宅安心ネットは」、“しっかり点検、より永く大切に”をテーマに既存住宅のロングライフ化および資産価値向上のためユーザーお手伝いをするとともに、社会的資産として現存する住宅の循環型社会に取組んでいます。

 
 
 
困った!!・・・どうしよう?
このような事はありませんか?
 

ユーザー側が適切なメンテナンス対応やちょっとした修繕を望んだとしても、新築後の長い年月の間の世情変化や厳しい経済情勢下では、新築時の住宅事業者、施工者が“いない”(存在しない)などのケースも最近は多く見られます。


「Smile 住宅安心ネット」は、地域の“家まもり”として、住宅のあらゆるお困りごとの相談相手となり、ユーザーの「安心」をお約束します。

 
 
 
 

 
 
 
 

NPO法人 Smile 住宅安心ネットワーク
 
Copyright © 2008 smile-ja.net all light recerved